「遺言を残す」ということとは?

遺産相続トラブルを予防できる『遺言』 - 「遺言を残す」ということとは?

「遺言を残す」ということとは? > 遺産相続トラブルを予防できる『遺言』

遺産相続トラブルを予防できる『遺言』

高齢社会がますます進むにつれて注目を集めている「終活」。
終活とは、人生の終わりを豊かに自分らしく迎えるために準備をする活動です。
自分が埋葬されるお墓や納骨堂を見学したり、自分らしいお葬式を自らプロデュースするなどとともに、改めてその重要性に注目が集まっているのが「遺言」です。

遺言というのは、自分の死後に財産分与や遺産相続などについての意思を示すためのもので「遺言書」という書面で残します。
遺言書は、亡くなった人の思いを伝える大切な書類であり、遺産相続の時には欠かせない書類となります。
資産の有無にかかわらず、人が亡くなりその遺産を相続するという時には、生前どんなに仲の良い家族であってもトラブルが起こってしまうものです。
そうしたトラブルを避けるためにも、生前に遺産の分配や相続についてしっかりと考え、遺言書という文書として残しておくことは本当に大切なことだと言えます。
遺言書があることで、亡くなった人が「誰に」「どのように」遺産を分配したいのかが明確になるため、起こりうる遺産相続トラブルを予防することができるからです。
そこでここでは、遺産相続の時に起こるトラブルを予防することができる「遺言」についてお伝えしていきます。

デジタル機器の進歩により、最近では遺言をボイスメッセージやビデオメッセージで残す人も増えてきています。
しかし、そうした形の「遺言」では遺産相続の際に法的効力のある「遺言」とはなりません。
法的に効力のある遺言とは、必ず書面で残されているものと法律で規定されています。
ですからまず、遺産相続トラブルを予防するための遺言書は、必ず紙に書いて残す「書面」で作成するようにしましょう。

また、遺言書には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」とがあります。
自筆証書遺言は、その名の通り自ら書いて作成する遺言書のことで、遺言したい内容と日付、署名捺印がされていることがルールです。
しかし、自筆なので間違いなども起こりやすく、せっかく遺言書を作成しても実際に開封してみたら法的に無効な遺言書となってしまうトラブルなどは多々あります。
そうした事態を避けるのであれば、多少費用がかかりますが「公正証書遺言」を作成するようにしましょう。

公正証書遺言は、公証役場において法律の専門家である「公証人」に関わってもらいながら作成する遺言書です。
これなら、書類の不備が起きる心配もありませんし、原本は公証役場で保管しますから紛失の心配もありません。
遺産相続トラブルを予防する遺言書作成には、書類の不備がない状態で残せるような選択をするように心がけておいてくださいね。

top