「遺言を残す」ということとは?

遺言を残す方法とは? - 「遺言を残す」ということとは?

「遺言を残す」ということとは? > 遺言を残す方法とは?

遺言を残す方法とは?

あなたは「遺言」について考えてみたことがありますか?
近年テレビや雑誌などのメディアでも「終活」という言葉がよく取り上げられるようになり、それとともに「遺言を残す」ということにも注目が集まるようになりました。
「遺言」というのは、人生の終わりを迎えるにあたってあなたの意思を示し、その意思を死後にきちんと実現させるためにとても大切なものとなります。
ですから、遺言を残すために必要なルールが法律にも細かく規定されているのです。

万一、何らかの理由で急にこの世を旅立たなくてはならなくなった時にも、遺言を残しておけば残された家族などで不要なトラブルを起こさずに済みます。
そのため「遺言」は、年齢にかかわらず自分の意思をきちんと示しておく必要があるのです。
先ほどもお伝えしましたが、遺言に関するルールは形式や内容などとても細かく法律で規定されています。

もし遺言を残すことを考えるのであれば、そうしたルールをきちんと把握して法的に有効な遺言を残さなくてはなりません。
なぜなら、せっかく遺言を残しても法的に有効なものでなければあなたの意思が死後明確に反映されることがなくなってしまうからです。
では実際に、遺言を残す方法としてはどのような方法があるのでしょうか?
ここでは、遺言を残す方法をいくつか提示していきたいと思います。

「遺言」は、書面で残したりビデオレターやボイスメッセージなど様々な方法で残すことは可能です。
しかし、法的に有効な「遺言」を残したいと思うなら必ず書面で残す方法を選択するようにしてください。
書面で残す遺言には、大きく分けて「自書証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類があります。

自書証書遺言は、すべて自分で手書きして作成する遺言書のことで、誰でも手軽に作成することができるというメリットがあります。
必ず自筆で書いてあることと、日付や署名捺印が済んでいる書面であることが最低限のルールです。
しかし、自分で作成する遺言ですから法律的な不備がある可能性もあります。
万一、あなたの死後に法的な不備が分かったら、せっかく遺言書を作成しても遺言としての効力がないものとなってしまうこともあるのです。
不安な点がある場合は相続相談が効果的です。横浜相続サポートセンター

一方「公正証書遺言」とは、公証役場にいる「公証人」という法律の専門家が遺言書の作成に関わって作成する遺言書のことです。
法律の専門家である公証人が一緒に作成する遺言書なので、法的な不備がなく遺言書としての効力もきちんとしています。
ただし、ある程度費用がかかることが唯一のデメリットだと言えるのではないでしょうか。

このように、遺言を残したいと思ったら法的に有効な遺言書をきちんと作成して残していく必要があるのです。
こちらでお伝えした方法を参考にして、あなたも一度自分の「遺言」を作成してみてくださいね。

top