「遺言を残す」ということとは?

遺言で赤の他人が相続人に - 「遺言を残す」ということとは?

「遺言を残す」ということとは? > 遺言で赤の他人が相続人に

遺言で赤の他人が相続人に

image

・遺言の財産は赤の他人も相続できるの?
ここでは、遺言書の効力について詳しく解説していきます。
例えば、遺言書に赤の他人の名前が相続人として記されていた場合、財産は分与されるのでしょうか?
遺言に関する法律は非常に複雑で難しいですので、できるだけ簡単に紐解いて説明しています。

・赤の他人の相続分
法定相続人に当てはまらない、赤の他人が財産分与に関わってくるのはよくある話です。
例えば、遺言書に赤の他人の名前が相続人として記されている場合は、その赤の他人に遺産を相続する権利が生じます。
本来なら、法定相続人に遺産を分配するのが相続の規定なのですが、遺言書の内容はその相続の規定よりも優先されるのが原則です。
よって赤の他人も、遺言書に記載があれば遺産を受け取ることができます。

・法定相続人とは?
法定相続人とは、被相続人の遺産を受け取る権利を持つ人たちのことです。
仮に被相続人が遺言書を残さずに死亡した場合、被相続人の財産は、法定相続人に渡されることになります。
これは民法に定められた権利です。
注意したいのは昔とは違い法改正が行われ配偶者は常に相続人という立場を取れるようになりました。
つまり法定相続人に該当するのは、優先度の高い順番に、配偶者、子供、親や祖父母、兄妹姉妹の順番に優先順位があります。
配偶者は、常に相続財産を1/2受け取る権利を有します。

・赤の他人にしか財産を残さないという遺言書はどうなる?
仮に遺言書の中に赤の他人の名前しか記されていなかった場合、財産分与はどうなるのでしょう?
これは、遺留分という制度が深く関わってきます。
遺留分というのは、法定相続人が遺産を最低限受け取れる権利のことで、民法によって保障された権利になります。
遺留分を請求された場合は、相続人の財産から差し引き、請求した法定相続人に一部の遺産が渡るようになります。
ただし、法定相続人が遺留文を請求しない場合は、その遺言書の通りにすべての遺産が、赤の他人の相続人に引き渡されることになります。
法定相続人が遺留分を請求する場合は、一年以内に減殺請求権を行使する必要があります。
これは内容証明郵便で意思表示ができます。

・遺言は口約束でも大丈夫?
このような遺言書は必ず書面にして残しておかなければなりません。
口約束でも遺言になるのかというと、現実的には厳しいかと思われます。
正しい形式で遺言書を残し相続争いを起こさないよう、生前にきちんと終活をしておくことが肝心です。

top