「遺言を残す」ということとは?

遺言受取人が自分よりも先に死亡してしまった場合! - 「遺言を残す」ということとは?

「遺言を残す」ということとは? > 遺言受取人が自分よりも先に死亡してしまった場合!

遺言受取人が自分よりも先に死亡してしまった場合!

image



自分が亡くなる前に遺言書を書くというのは主流な話で、すでに遺言書を書いているという人も多いと思います。
しかし、自分より先に遺言受取人が死亡してしまった場合、遺言書はどうなってしまうのでしょうか。
そこで、遺言受取人が先に死亡してしまったケースについて見ていきたいと思います。


・一般的には受取人が財産を受け取ることになるが…
遺言書と言うのは一般的に受取人を設定して遺言を書いていきます。
このため、自分がなくなり遺言受取人が生きている場合は、遺言書の効力によって受取人が財産を引き継ぐことになります。
しかし、遺言受取人となる人が自分よりも早く死亡してしまったときは、財産は誰に引き継がれるのでしょうか。
実際このようなケースで困っている人は多く、この場合は遺言書が無効となったり、死亡した遺言受取人に子供がいる場合はその子供が代襲相続することが出来るとされています。
では、遺言書が無効になったり受取人に子供がいなかった場合、財産はどうなってしまうのでしょうか。


・遺言書が無効・子供がいない場合は遺産分割!
仮に、遺言書が無効になったり、受取人に子供がいなかった場合は基本的に遺産分割で財産を引き継ぐことになります。
この場合は、相続人となる自分の妻や子供が遺産分割を行うことになり、弁護士などを通して話し合いを行うことになるでしょう。
自分に子供がいなかった場合は自分の親が第2相続人となり、財産を引き継ぐことになるのですが親も死亡していないということになれば、兄弟(姉妹)が財産を引き継ぐことになりなります。
財産の相続は基本的に第1相続人、第2相続人などの順位があります。
子供や親が死亡していない場合、財産の相続を放棄しない限りは第3相続人に財産の相続をさせることはありません。


このように自分よりも遺言受取人となる人が先に死亡してしまった場合は、受取人の子供または自分の妻や子供が相続人となり財産を引き継ぐことになります。
遺言書を書いたけど先に受取人が死亡してしまったという場合は遺言書を書き直して、財産を相続させる受取人を決めておいたほうがいいでしょう。
尚、自分の孫に関しては、子供が先に死亡している場合に相続人となることが出来ます。
遺産分割では家族内であってももめ事が起きやすいと言われているので、出来るだけ遺産分割を行わなくてもいいように新たに遺言書を書き、遺言書内で誰にいくら相続させるのかを明確にしておきましょう。

top