「遺言を残す」ということとは?

遺言にはどんな効果があるの? - 「遺言を残す」ということとは?

「遺言を残す」ということとは? > 遺言にはどんな効果があるの?

遺言にはどんな効果があるの?

最近、老若男女を問わず注目されている「終活」という活動。
あなたは「終活」について考えてみたことがありますか?
メディアなどで取り上げられる「終活」は、お墓のことだったりお葬式のことなどが主になっています。
ですが、自分の人生の終わりに「自分の遺志をしっかりとした形で残していく」ということも大切な「終活」なのではないでしょうか。

そんな大切な終活こそ「遺言書を残す」というものです。
遺言とは、亡くなった人が生前のうちに死後の財産処分に関することや自分の意思を示していくものです。
遺言は、人生の終末期である高齢の人にだけ関係のある話ではありません。
実際に「遺言書」というものは、15歳以上で意思能力のある人であれば誰でも残すことができますし法的にも効果があります。
ですから、「遺言」に関することというのはどんな世代の人にとってもぜひ知っておいていただきたい知識なのです。
そこでここでは、実際に残された「遺言」にはどんな効果があるのかということについてお伝えしていきましょう。

先ほども述べたように「遺言」は、財産の処分や分配だけでなく他にも様々なことを示すことができるものです。
遺産の相続人の指定や、相続させたくない人を示す…いわゆる「相続人の廃除」ということもできます。
また、自分の財産を死後どこかに寄付したいという時には、遺言書にその内容を残しておくことで死後の手続きがスムーズになります。
他にも、遺産相続の際の後見人を指定することができるほか、子どもの認知なども遺言しておくことができるのです。
こうした内容を「遺言書」に示しておくことで、自分の遺産を自分があげたい人に相続してもらうことができますし、相続を巡る争いなどを回避する効果もあります。

更に、生前は認知できなかった「非嫡出子」などの存在を遺言の中で認知しておくことで、その子どもにも自分の遺産を分配することができるようになると言った効果もあるのです。
ですから、遺言の効果というのは知識として知っておくだけでも、将来役立つことがあるかも知れません。
あなたもぜひこちらの記事を参考にして、遺言の効果について理解を深めておきましょう。

top